マーケティングオートメーションの事例を知る|売上増加に結びつく

ニュース一覧

性能を理解して選ぼう

電子書籍

レベルに合わせて利用しよう

現代社会では、文書を電子管理することが標準となってきている。しかしながら、実際の現場では紙媒体で文書を保存しているケースが多い。保存形式を紙媒体から電子化にすることはそれほど難しくないが、これまで紙媒体で保存していたものも電子化したいという要望は多い。そこで文書を電子化する製品が多くある中で、選択するポイントを何点か述べる。選択するポイントとしては、電子化した文書が編集可能か、電子化のスピードはどれくらいか、電子化後の文書はどれくらいのサイズになるかといった点に注目したい。まず編集可能かどうかについてだが、文書によっては電子化後も編集したい文書は多くある。もちろん利用する文書によっては編集できないようにようにしたいケースや編集不要のケースもある。ユーザの利用形態によって選択したいポイントである。つぎにスピードである。これまで紙媒体で保存してきたものを電子化する場合、非常に多くの量になることが考えられる。また、業務によってはスピーディーに変換したいケースもある。そのためスピードも着目したい点となる。最後にサイズも重要なポイントとなる。1枚1枚の容量が大きくなれば、全体の容量はかなり大きくなり、保存するハードディスク等を別途整備する必要になる。そのため業務上どの程度の文書を電子化するかや、自社のPC環境を確認したうえで選択したいポイントとなる。3つポイントを述べたが、これらは最初に検討基本的なポイントとなる。すべてのポイントで高機能なものを要求すれば、製品としては高価なものとなることは注意したい。それぞれのポイントで自社にとってどのレベルまでの要求が必要かを検討し、製品を選択したい。

Copyright© 2018 マーケティングオートメーションの事例を知る|売上増加に結びつく All Rights Reserved.