マーケティングオートメーションの事例を知る|売上増加に結びつく

ニュース一覧

初心者必見の活用方法

映像

リスク回避にも繋がります

法人顧客を相手にするビジネス、個人の顧客を相手にするビジネス、いずれにしても店舗を構えている場合、店舗BGMを利用しているケースが大多数となっています。ショッピングモールなど、施設全体でBGMが流れている場合には店舗独自でBGMを流す必要はさほどありませんが、単独店舗の場合、BGMが無いと利用者側が無音による緊張感を感じて、買い物や商談に集中出来なくなってしまいます。日頃、何気なく聞いている店舗BGMも、顧客のリラックス効果や購買意欲の増進などしっかりとした効果があり、利用されているのです。この様に店舗を構えてビジネスを行う方にとっては欠かせないツールとなっている店舗BGMですが、扱い方を間違えるとトラブルを生むので注意しましょう。特に気をつけたいのが音楽の著作権です。youtubeが人気を集めている昨今、店舗BGMとして、youtubeを活用したいと考える人も少なく無いでしょう。しかしながら、youtubeで配信されている音楽にも著作権は効力を発揮しており、無断で店舗BGMとして、利用を行うと著作権侵害として、最悪の場合、訴えられる可能性もあります。近年、youtubeと合わせて、注目を集めている音楽アプリに関しても、同様の傾向があると言え、無断で音楽アプリを店舗BGMとして使用すると著作権侵害として訴えられます。店舗BGMとして音楽を使いたい場合、著作権フリーの楽曲を使用するか、著作権を個別にとる、あるいは著作権申請を一括で行なっている店舗BGM専門業者を活用するのが手段として挙げられます。特に、店舗BGM専門業者に関しては、安いものでは月額1000円程度から利用が行えるので、気軽に始められるので初心者には最適と言えるでしょう。

Copyright© 2018 マーケティングオートメーションの事例を知る|売上増加に結びつく All Rights Reserved.